www.devierboete.com

ダイエットはいつの時もブームを起こしていますね。ブートキャンプがはやったり、バナナダイエットがはやったりいろんな方法があると思いますが、下半身を鍛えるといいみたいですよ。不明確な点がある場合は体重減らないへご利用下さい。
下半身の筋肉を刺激することで全身の血行がよくなり体の動きがよくなるので食べても消化吸収をしやすくなりますし、新陳代謝もよくなるので体の中のいらないものを排出できます。下半身に刺激を与えると言ってもそんなにきついトレーニングじゃなくても散歩だったりジョギングでもいいです。家の中でできるものとしては股を開いて腰をゆっくり落とします。よく知らない点がある場合は痩せたいのに痩せないにお越し下さい。
相撲の四股のような形です。これを何回か繰り返します。これは腰痛にも効果的で下半身が安定してきますので、姿勢もよくなりますよ。もうひとつ壁に手をついて膝をゆっくり腰の高さまでひきあげます。片足ずつ繰り返します。この体操はインナーマッスルを鍛えて姿勢を良くする効果があります。きれいな姿勢で歩けば、疲れもたまりにくいですし長い距離うごけるので知らず知らずに引き締まっていきますよ。ご相談する際には痩せない原因へご一報を下さい。

続きを読む≫ 2014/02/21 11:01:21

 

ウォーターサーバーが人気になってきていますよね。私の友達の家でも導入したばかりですし、我が家でも愛用していますが、本当に凄くいいものですよ。相談する際にはアクアクララへご利用下さい。

 

最初はうちではポット型の家庭用浄水器を使っていたので、ウォーターサーバーなんて別にいらないよ・・と思っていましたし、旦那などもそう言っていました。

 

ですが、よく話を聞いてみると、そのようなポット型のものとか家庭用浄水器よりもはるかに不要物を除去したクリアーな水が飲めるということがわかったんです。お探しする際にはクリクラへご一報を下さい。

 

最近は特に色々水の安全性が気になりますが、普通の浄水器ではなかなか除去できない成分までウォーターサーバーならば取り除いてくれるので、子供のことを考えるとやっぱり毎日のことだから本当に安心できる水を飲ませてあげたい、と思うようになったんです。不明なところがある場合はフレシャスにお越し下さい。

 

 

なので、今まで使っていた浄水器よりは結構お値段はしますが、ミネラルウオーターを買うよりは安いですし、なんといっても飲んで凄く美味しいのでこれからも愛用していくつもりです。

 

続きを読む≫ 2014/02/21 11:01:21

あまり大きな声で言えたものではないのですが、私は学生時代イジメに合っていました。参考までにカポエイラとお使い下さい。
その時の弱い自分を真正面から見つめると、悔しくて涙が出てきます。しばらくしてから、少しでも見返したい、強くなりたいと思って格闘技を習うことに決めたんです。精神的に強くなりたいと思ったので、スポーツなら何でも良いと言う思いも当時はありました。最初に目をつけたのは、ボクシングや空手でした。でも、最終的に選んだのは、カポエイラという格闘技です。なぜカポエイラを選んだのかというと、近所にカポエイラを習う場所があったことと、あまり一般的ではないカポエイラを使って他人よりも優れた存在になりたいと欲が出たからです。しかししばらく続けていると、最初の頃の野心が消えていきました。自分の思った以上にカポエイラが面白かったからです。最初は護身術や精神修行として始めたのですが、ただの格闘技ではなくて、歌や踊りを混ぜて行うカポエイラにどんどん魅了されていきました。今ではかなりの腕前になって、小学生になった息子と一緒に楽しんでいます。不明な点がありましたらカポエイラの埼玉が助けになります。

 

続きを読む≫ 2014/02/21 11:01:21

 

ダイエットのために運動をするなら、インナーマッスルを鍛えることをしたほうがいいとセラピストさんから聞きました。インナーマッスルとは、何層にもなっている筋肉の内側の方に存在する筋肉の総称で、主に姿勢を細かく調節したり、関節の位置を正常に保ったりするという働きをしています。また、基礎代謝を高めてくれますし、一度筋肉が付いたら落ちにくい特質があるそうです。そのセラピストさんは、ティラピスというヨガに似た運動を教えてくれたのですが、基本的にゆっくりな運動を何回か決めて行い、その間お腹ではなく肺で呼吸することを繰り返すものです。ただ、どのポーズをしている時も下腹部のインナーマッスルを意識してやることがとても重要だと言われました。また、普段の生活の中でも下腹部を意識し、骨盤を後傾に維持することに気を使うといいそうです。お探しにお困りであればファイブデイズご連絡を!

 

運動例:肩幅に脚を開き、お腹に両手を当てます。5秒間息を吸って肺を膨らませます。この時お腹はどんどん凹ませます。次に3秒間息を吐き、肺は元通りになるのですが、お腹は引き続き凹ませていきます。これを10回ほど(無理のない程度に)行い、常にお腹を凹ませていくことを意識してやると、とても汗をかき、体が暖かくなってきます。

 

続きを読む≫ 2014/02/21 10:59:21